無事に。
『スイッチを押すとき』が開幕しました。
初日は恐ろしいです。
稽古で起こらなかったような事が多々ありましたが、最高でした。
やはり一人一人が作り出す空気がこの作品の
大きなスパイスだという事を改めて感じました。
ここで笑うんだ!とか張り詰められた空気になるんだとか
体中から感じながら出来てとても楽しかったです。

何度でも言います。
この作品は人が死ぬ話じゃなくて人が一生懸命生きる事を描いています。
僕はそう思ってこの作品に挑み続けます。
明日生きます。二日落ちなんてありえない。
魂込めてみんなで作り上げましょう。また明日。


永山たかし。
[PR]
by switch2007 | 2007-10-27 14:32 | 出演者ブログ
<< 9本を終えて 当日券およびロビー花に関しまして >>